腹圧性尿失禁等の尿漏れの種類

尿漏れの種類にはどんなものがあるの?

尿漏れに悩まされる人にとって、外出するということは不安を感じることです。

 

しかし一口に尿漏れといっても、その種類によって原因が異なります

 

症状を改善したいのであれば、尿漏れとは何かを理解していかなければいけません。

 

よくある尿漏れとは、

  1. 腹圧性尿失禁
  2. 切迫性尿失禁
  3. 溢流性尿失
  4. 機能性尿失禁

といった種類があります。

主な尿漏れの種類について

腹圧性尿失禁

物を持ち上げたり、立ち上がったりした時に高まった腹圧によって、尿が漏れてしまうことです。
尿道をうまく締めることが出来れば防ぐことが出来ます。
しかし神経に損傷があったり出産や加齢などにより骨盤の歪み、支える筋肉の衰えが生じると起こります。
女性は特に年を取ってくるとなりやすい傾向にあります。

 

切迫性尿失禁

2番めの切迫性尿失禁とは、尿意を感じたら我慢することができなくなり尿が漏れてしまうことです。
尿意は突然訪れてしまうので、場所によっては大変なことになります。
膀胱は尿をためておくための場所ですが、まだ溜まりきる前に収縮が行われるために起きてしまいます。
膀胱の収縮を命令する脳との連携が取れなくなることが原因で、脊髄に問題がある可能性が高いです。

 

溢流性尿失禁

3番目の溢流性尿失禁は、膀胱に尿が残ってしまうために、尿が溜まってくると溢れ出てしまうことです。
本人の自覚なく尿が漏れてしまうことも多くなります。
漏れ出る尿の臭いがついてしまうことで、周囲の人に不快感を与えることもあります。
また尿が残っていると、細菌が繁殖してしまい、それが腎臓に感染して腎不全になる恐れもあります。
原因としては男性がかかる前立性肥大や脊椎など神経に問題が生じてしまう、薬の働きなどが考えられます。

 

機能性尿失禁

4番目の機能性尿失禁は、他の尿漏れとは少々異なり膀胱の機能や脳神経に問題はありません。
しかし排尿が物理的に出来ない、いつどこで排尿すればよいのかわからなくなってしまうことです。
物理的にと言うのは例えば事故や脳卒中などで手足の自由が失われてしまい動けない状況です。
一方で排尿をする場所がわからないというのは、認知症のように判断力が低下してしまうことが原因です。

 

尿漏れ

>>効果とコストを考慮したおすすめ尿漏れサプリ総合ランキングはこちら<<

【尿漏れのにはタイプ別4つの種類がある】の関連情報