尿漏れはそれぞれの原因で分けられる

尿漏れは原因により腹圧性尿失禁などに分けられる

尿漏れの原因による分類

尿漏は自分の意志に反して尿がでてしまうことです。

 

この尿漏れは症状によって大きく4種類に分けることができます。それぞれの原因によって

  1. 腹圧性尿失禁
  2. 切迫性尿失禁
  3. 溢流性尿失禁
  4. 機能性尿失禁

の4つに分けられています。
それでは、尿漏れの原因をそれぞれの症状ごとに見て行きましょう。

症状ごとの尿漏れの原因について

腹圧性尿失禁

びっくりするお婆さん

まず「腹圧性尿失禁」は、お腹に圧力がかかってしまうことで尿漏れをしてしまうもので、女性に多い症状となっています。

 

これは、骨盤底筋群と呼ばれる膀胱と尿道を支える役割を果たす筋肉が、加齢や出産によって弱くなったり傷ついてしまったりすることによって、尿道をしっかりと閉じることができなくなることが原因となっています。

 

そのため、咳をしたり、くしゃみをしたり、また重いものを持ち上げたりすることで、お腹に強めの力がかかった時に、尿が漏れてしまうのです。

 

切迫性尿失禁

切迫性尿失禁は突然我慢できないほどの強い尿意に襲われてしまう症状をいいます。
尿が溜まっていない状態にもかかわらず、膀胱が勝手に収縮してしまう「過活動膀胱」が主な原因です。

 

これは尿を連想させるものがきっかけとなって尿意を感じてしまうことがあるようです。
水の流れる音や冷たいものに触れるだけで、尿意を感じてしまう人が多いと言われています。

 

溢流性尿失禁

溢流性尿失禁は尿を出そうとしてもうまく出せなかったり、その逆に出そうとしていないのに少しずつ尿が漏れてしまうことで、男性に多い症状となっています。

 

その原因は、「前立腺肥大」や、排尿をコントロールする神経がうまく機能しない「神経因性膀胱」、尿道が狭くなってしまう「尿道搾取」などがあって、その中でも「前立腺肥大」が原因になっている場合が多いようです。

 

機能性尿失禁

機能性尿失禁は、膀胱や尿道などには問題があるわけではありません。
原因は身体の機能障害によって起こってしまう尿漏れです。
これは運動機能の低下によるものと、判断機能の低下によるものに分類できます。

 

運動機能の低下による機能性尿失禁

手や足にマヒがあるなどの理由によってうまく動かすことができない状態。
トイレに間に合わないことがあるというものです。

 

判断機能の低下による機能性尿失禁

認知症などによって、どこで尿をしたらいいのかわからなくなったりします。
またどうやって排尿をすればいいのかがわからなくなってしまう症状を言います。

 

このように、その起こる原因によって尿漏れは4つに分類されるということを覚えておきましょう。

 

尿漏れ対策尿漏れ対策

トップへ戻る